calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

インフルエンザって何?どうしたら良いの?

2018年11月21日

毎年、渡り鳥とともに運ばれてくる新種のウィルスです。

風邪もウィルスですが、馴染みの無い新種のため抗体が無く

爆発的に拡散するからインフルエンザと呼ばれます。

中国でSARSウィルスが猛威をふるった時、

中国の衛生部は坂藍根が効果があると認め、

学校や会社にと煎じたお茶を持っていき

飲むように指導しました。

SARSが世界的パンデミックを起こさなかったのは

板藍茶のおかげもありWHOも予防効果を高く評価しました。

日本は厚労省と製薬会社がワクチンを増産します。

インフルエンザワクチンは毎年・毎年姿を変えるウィルスを見越し

多分これじゃないかな?を決めますが…

インフルエンザウイルスは常に変異を起こしています。

人の1000倍の確率で起こっています。

目まぐるしく形を変えている訳です。

しかも増殖のスピードは速く、1個のウイルスは

1日で100万個以上に増殖します。

1000倍の確率で変異し、

1個が1日で100万個に増殖!

一度、インフルエンザにかかったのに、何度もかかることがあるのは、

このように変異したインフルエ ンザウイルスに感染しているからです。

と言う事は…今回接種したインフルエンザワクチンは万能では無い!

どちらかと言うと余り期待できないかも…とは気がつきますね。

要はウィルスをいち早く認識して、

免疫学習をするTリンパ球をお利口さんに

しなければなりません。この、お利口さんに

するものはくすりの元気にあるのです(^^♪

凄いでしょう?ご相談下さい。

話戻しますね。

今でも病院は風邪なのに抗生剤を出し、患者さんは

は肺炎予防?と思い抗生剤を飲みます。

抗生剤は風邪やインフルエンザには

全く効果がありません。

抗生剤の常用は耐性菌を作ります。

抗生剤が効かない菌ができてきます。

今、豚・牛・鳥に使われている量は人の倍量を超え、全世界の4分の1が

日本で消費されているそうです。

こんなちっちゃな

島国に全世界の4分の1の抗生剤が…!

なんと、耐性率が80%になったそうで(耐性率は抗生剤が効かない率)

豚コレラがアチコチで多発する訳です。

豚さんにどれだけ大量の抗生剤が使われているか…。

肉を食べるのは怖く、くすりの元気はふげんでお肉を洗う事を

お話しています。詳しくは店頭でどうぞ。

抗生剤は善玉菌を殺し免疫の回復を遅らせます。

抗ウィルス薬のリレンザやタミフルは子供の脳の関門を通過し

痙攣など起こすことがあります。

さて、新薬ゾフルーザはどうなのでしょうか?

インフルの核に入り攻撃するから1回で大丈夫!

でもインフルだけの核なのかしら?

あのステロイド剤も神が作ったともてはやされ

今やステロイド剤の副作用を知らない人はいません。

※インフルエンサーはインフルエンザからきている訳ではなく
「Influence」(影響・感化・作用の意)「er」がついて「する人」の意味
が付いたのがインフルエンサー(Influencer)です。

ページの上へ