calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

一番怖いのは活性酸素で侵された酸化LDLだ!…活性酸素と動脈硬化

2018年11月13日

コレステロールは下げれば良いものでは無いのはいつもお話しています。

そして、HDLが善玉。LDLが悪玉と言われているけど

善し悪しを勝手につけられて、本来の役目が無視されています。

コレステロールが180~260未満の人は

死亡危険度が低く、特に長生きするのが

「コレステロール値230~♫」

おやおや、ちょっと前までは200を超すと、

危ない・血管詰まると高脂血症薬が処方されましたが…

今の常識では180未満が一番

死亡危険度が高いのです!(@_@;)

コレステロール値を下げ過ぎると、色んな病気が発生し死亡率が上がります。

なぜでしょう?

コレステロールはストレス・免疫系に関与する副腎皮質ホルモン

男性ホルモン・女性ホルモン・ビタミンD・胆汁・スクワレンなどの材料です。

そして、細胞膜の成分になります。

細胞膜は細胞を守っているだけでは無く、必要なものは通すが不必要な害になるものは

通さない役目もあります。

神経細胞もコレステロールが必要で、脳は7割が脂質。

そのうちの約半分がコレステロールです。

だから意味も無くむやみにコレステロールを下げると、消化器感染症・結核

不安障害・ウツ・自殺・双極性障害・攻撃な性格・脳梗塞・白内障・

慢性疲労症候群などのリスクが上がります。

LDLコレステロール=HDLコレステロール-(中性脂肪÷5)

の計算値で出します。

HDLと中性脂肪は実測値で出しますが、LDLは計算式で出します。

あれ~っと気が付きましたか?

中性脂肪が高ければ高いほど、LDLが下がります。

そんなLDLの数値に翻弄されていたら、大間違い!

実際の動脈硬化の原因は

活性酸素で酸化された悪玉コレステロール

酸化LDL「MDA-LDL」

MDA-LDLが血管の内皮細胞に潜りこみ、白血球の一種のマクロファージが

異物と見なし食べまくり、食べきれなくなって血管に溜まります。

MDA-LDLは血液検査で実測で出せます。

ところが、健康保健の対象外。

なぜでしょうか?

病院薬では酸化LDL「MDA-LDL」

は下がらないから…。

何度も申し上げているように、活性酸素は

①体内の酵素SOD・カタラーゼ・ペルオキシダーゼが消すから

②抗酸化物質を含む食べ物に入っているから

活性酸素対策は早急に!

渡辺オイスターの特許物質「ディーバ」は

細胞内の活性酸素をやっつけます。

なぜなら、脂にも水にも溶けるから!

特許物質「ディーバ」は渡辺オイスターとあの北大との共同研究で開発。

渡辺オイスタードリンクに含まれる「ディーバ」の抗酸化力は

ビタミンC・Eの2.4倍!

抗酸化物質を効率よく摂る方法のアドバイスしております。

LDLが下がった。

HDLが上がった。

瘀血が改善され、フラフラしなくなった。

動悸が消えた。頭痛がラクになった。

下の血圧が下がり、そして上も下がったので降圧剤を飲まなくても良くなった。

などの、嬉しいお声を頂いております。

ページの上へ