calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

酸欠だから、寝られないのです。

2018年10月18日

青いポストに掲載した「眠りが浅い相談」ですが

40代よりお若い方の不眠の相談者は

全員が血虚体質。

血虚とは血流量が極端に少ないことです。

血流量が少ないので脳に酸素が届か無くなり、

強制的に覚醒させます。

簡単に言うと「酸欠」

血虚の改善や、血中の酸素濃度を上げると

眠りの質が良くなります。

高齢者の眠られませんのご相談は

全員が降圧剤を飲まれていました。

おやおや…夜間に起きたらフラフラして転倒。

そして骨折、そして寝たきり街道まっしぐら。

降圧剤を飲むと、当然のことながら一番高い所「脳」に

酸素が届きにくくなります。

授業でも降圧剤を長期に飲み続けると梗塞型の

認知症になると教わっています。

高齢者の眠りの質を上げたいなら、これも当然

血中の酸素濃度を上げたら改善します。

「飲む酸素カプセル」は

わずか4カプセル飲むだけで

血液中に160ミリの酸素補給。

呼吸が浅い

疲れが取れない

むち打ちで首肩が痛いし頭痛が辛い

妊娠中の吐くほどの頭痛

そして、一瞬でも得られる深い睡眠

「飲む酸素カプセル」はメッチャええよぉ~。

と、飲まれた皆さまもおっしゃっています。

秋から冬にかけて、血流も低下し

脳に酸素が運びにくくなります。

脳に酸素を差し上げて下さい。

血液中の酸素が増えると肩こりがラク!

お試しご用意しております。

ページの上へ