calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

日本人は毎年、10キロの添加物を食べている!添加物教室…④

2018年7月11日

添加物は許可されているから、安心?

でも、急性毒性で見るから、色んなものから複合して

摂っているし、次世代に継いでも安全か?が全く構築されていません。

ドイツの動物実験で、猫ですが2代目からは奇形率が高く

特性であるクルリンパができない猫や、異常な攻撃性のある猫。

全体的に、脱毛・病弱・癌の発生率が高くなりました。

猫はそうだけど、人は違う…と言えますか?

添加物による「癌も怖い!」

でも「次世代へつなぐ子供たちの脳が侵される!」

ここが一番、怖ろしいのです。

情緒が培われない、直ぐにキレる。

複雑な思考ができない。感情のコントロールができない。

他人とのコミュニケーションが取れない。

これが、添加物が起こしていると考えたら怖ろしくないですか?

添加物=癌

だけではありません。

添加物=脳の思考回路の破壊

人としての「パーソナリティ」形成がうまくデキナイ結果に

なることが怖ろしいのです。

今、授業に支障をきたす児童が1クラスに2人いると

伺いました。何度も繰り返して言います。

妊活中ならなおさら、添加物の多い食事かどうかを

考えて頂きたいのです。お子さまにコーラやマックを

食べさせないで欲しいのです。

ここから本題

添加物に敏感になるために

☆なぜ?を持とう!

どうして、このパンはフカフカしているの?

いつまで経っても黴(かび)ないのかしら?

答…パンの製造に使用が認められている添加物は100種類を超え

ます。その中でも最も危険視されているのが、臭素酸カリウム。

1980年に発癌性が確認されました。したがい、パンメーカーは

自粛。ところが、2004年に山崎製パンは使用を再開。

厚労省との協議で「このパンには品質改善と風味向上のため

臭素酸カリウムを使用しております」と表示しています。

つい最近、週刊新潮でも取り上げた「食べてはいけない

国産食品」実名リストに載っていた通りです。

絶対食べるな!山崎ランチパック!

など色々なパンが書かれています。

なぜ、フカフカがこんなにも続くのだろう?

今のお子さまにとってはフカフカが当たり前!

固くなるパンは質が悪いと思っています。

これは間違いだよ!と、今なら言っても通じるでしょう?

ページの上へ