calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

冷え改善ならこの3っつ!湯量!湯加減!ボイラー!

2021年2月3日

今日はホワイトアウト、そして寒い!

風があるから、中々部屋も身体も温まりません。

お風呂に早く入りた~い!

米倉涼子さまがご愛用のバスコーソを

入れて温まりた~い!

バスコーソは大高酵素から出ている入浴剤。

私も冷え性!お風呂好き!

色んな製薬会社の温まる入浴剤を使った結果

お湯が尖がらない、かつまろかやで

芯から温まるのがバスコーソ。…病みつきです。

とにかく、石田イチオシ!

丈夫な木綿の袋に米糠などを酵素発行したものが

入っていて、タンパク分解酵素?のおかげか

古い角質が取れて、すべすべの美肌の湯!

「冷えの改善」なら

お風呂に例えると分かりやすい!

① 湯量があるか? …これ血流量KSGです。

② 湯加減をキープする力があるか?

③ ボイラーの力、発熱するエネルギーがあるか?

寒いからホットヨガ?

とんでもない!

①の湯量が少ない方(血虚体質)が強制的に

水分を抜く訳だから、いくら水分補給しても

痺れや頭痛が起こりがち…。

血の量が少ない方はホットヨガは厳禁です。

血虚体質判定は「くすりの元気」で測定できます。

②キープする力は婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

がスコブルお勧めです。

そして、バスコーソもGOOD!

③発熱はクエン酸回路と言うエネルギーを

作る回路を活性します。



バスコーソは湯冷めしにくいし、のぼせにくく

無理なく汗がかけるので浮腫みの改善にもなります。

お風呂から出たら小顔?

これ皆さまからのご意見でした。

 

 

 

 

 

ページの上へ