calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

ダウン症児の出生、過去15年で急増

2020年2月14日

ダウン症児は1955年が1万人あたり6.3人

2011年は13.6人と倍増していました。

ところが、これは出生時の割合。

出生前診断で中絶していた数は?と考えてみましょう。

その時の人口動態統計の出生数に合わせると

ダウン症児は約2300人産まれるはずでしたが…

実際に産まれたのは約1500人。

その差約800人がなんらかの処置をされたと推定できます。

これは日本産婦人科学会の2011年のデータ

2020年はさらに一層高齢化が進んでいるし

ダウンリスクは一層上がり、出生前診断で消えていく命も

増えているのでしょう…。

私が1991年、39才

初めて妊娠をした時、当然のことながらダウンリスクを

強く覚悟していました。

この年、NHKでアメリカのファミリードラマ

ダウン症児の「コーキーとともに」が放送され、

コーキー(ダウン症児)の人を疑わない素直な心に

癒され、これからの出産を励まされたように感じました。

きっとこのタイミングでこのテレビを見るってことは

ご先祖さまのなさることなんだわぁ…と痛感。

学びを得た素敵な番組でした。

主題歌がオブラディオブラダだった…。

くすりの元気の妊活相談は20年以上。

指導した方には誰一人ダウンは居ませんでした。

(たった一名ですが、飲んでほしいものを飲まずダウン。

でも次は指導したものを飲んでもらい無事出産!

元気なかわいい女の子でしたよ♪)

ダウンは遺伝子の欠損!

DNAが分裂する際のコピーミストラブルです。

欠損は年と共に活性酸素で侵された精子や卵子による

分裂時のパワー不足。正しく分裂を展開できないんだ…。

だから活性酸素を減らす漢方!

病院薬は細胞内・核に入り活性酸素を消去するものが無い!

そしてDNAの転写する際に働くDNAポリメラーゼ酵素

を動かしコピーミスを抑える!

35才を過ぎての妊娠出産を考える方には

必ずお勧めしています。

高いからと断れる事もあるけれど

飲まれて万全を期すとお考えになる方、

お友達やご親族が飲まれていて間違いが無かったから!

と高い支持を得ています。

最後に一言、

ダウンだったらおろせばよい?

とお考えにならず、コピーミスを

減らす手だてを取り組んで欲しい!

胎児はれっきとした生命です!

ページの上へ