calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

「超分かりやすい中医学講座」…瘀血(おけつ)

2019年10月19日

瘀血は血の巡りが悪くなり滞っている状態です。

西洋医学の高脂血症と錯覚しがちですが、

高脂血症は澱んでドロドロしたものが溜まっているので

瘀血では無く、痰湿と言います。間違えないでね♪

血虚が進むと末端まで血が行かなくなり

「瘀血」となります。

瘀血と言えば、ドロドロで真っ赤っかで熱があって…

そんな、イメージを持たれますが、冷えて血の流れが少なく

なった方でも起こるので、気をつけて下さいね。

「私は冷え症で肉や脂っこいものは食べません!」

だから、瘀血体質では無いと思っていませんか?

末端まで血が届かず、流れが滞っている人は

しっかり瘀血体質なのです。

冷え性の瘀血体質は舌は小さく紫っぽく

手のひらが紅生姜のように赤くなっています。

冷え性ですが、手の平はホテるんですって多いですね。

そして、若い時からそうでした。

って方が多い通り、年齢に関わらず瘀血症状は現れます。

赤血球が詰まっているからですね。

手の平と手首の差がくっきりと分かれています。

望診(見た目の診断)は、

アザ・くすみが増えたり、濃くなったり、

舌下静脈の怒張(浮き出たようなボコボコ)したり

舌が赤紫っぽい色になったりします。

心筋梗塞・脳梗塞・下肢静脈瘤など血管の病気

慢性肝炎・肝硬変・動悸や不整脈、頭痛やひどい肩コリ

腰痛・手足の痺れ、婦人科なら筋腫・月経痛・月経異常

などのトラブルが起こりやすくなります。

瘀血のケア

①美食・過食を避け、空腹を楽しむ

②適度な運動、サラサラ食材を摂る

③身体を冷やし過ぎない

④温・熱性や辛味の食材が基本

⑤冷たい飲食は避け、動物性脂肪やチョコなどの

甘い物・味の濃いもの・塩辛いものは要注意

養生として

「流れる水は腐らず」のごとく、筋肉を伸ばす運動と

充分な血液量を供給することが必要です。

「血虚」の成れの果てが「瘀血」

予防食材は「辛味野菜」

玉葱・ネギ・ニンニク・ラッキョウ

でもこれらは脾気虚な方には負担になりがちです。

熱を加えた形で摂られることをお勧めします。

青み魚は有名ですね。

さんま(平・甘)・イワシ(温・甘)

漢方なら冠元顆粒が一番手!

イスクラ冠元顆粒公式ブランドサイトもありますので

ご覧ください。冠元顆粒はお湯に溶いて飲め、即効性

があります。首肩のコリは飲んですぐラク感があると

言うお声を頂いておりますヨン~♪

婦人科の筋腫や腺筋症にも冠元顆粒と

新しい血を作るものを使って手術をせず

妊娠出産の結果を出し喜ばれています。

※私も筋腫があり子宮全摘と言われましたが

漢方で無事出産できました。

ページの上へ