calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

石田悦ちゃんが解説する「超分かりやすい中医学講座」…② 四診

2019年9月12日

中医学はちょこっと哲学的かもしれないけれど

なんてことない「家庭の医学」なのです。

その根拠は「四診」

★望診(ぼうしん)…身体の様子を目で見ること

例えば、こどもがいつもと違って赤い顔をしている

ん?どうしたの?

★問診(もんしん)…聞く事

寒気しない?暑いの?喉痛い?

昨日何して遊んだの?ん?水遊びした?

★聞診(ぶんしん)…声・息づかい・吐く息を聞く事

声がカレているみたい?喉痛くない?

★切診(せっしん)…脈や体に触れて様子をみる事

要は、毎日見ているからその変化がよく分かるのがお母さん。

「お母さんが子供を見るように患者さまを診るんだよ」

と、中医学の老師から教わりました。

具体的には次に書きます。

今、軽減税率でレジのセット

キャッシュレス・消費者還元制度の対応店

電話をかけて半日、書類を書いて半日

そして、プレミアム商品券対応店

忙しすぎる…。

ごめんね、みんな。

ページの上へ