calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

不眠の時に使う漢方処方は?

2019年9月6日

漢方屋なのに、なして漢方処方の話をしない?

したら、するっしょ。

私は改善の根っこが食べ物だ

と思っているから

イマイチ、漢方名は出さないのです。

不眠と言っても漢方は体質によって飲むものが

違います。

起きている時が「陽」

寝ている時が「陰」

この切り替えが上手く行っていない。

それは「陽」が過ぎるのか?

「陰」が過ぎるのか?

もしくは、「陽」が不足しているのか?

「陰」が不足しているのか?

ん?過不足なら2種類と思ったあなたはエライ!

基準点があってそこからみるのだけれど、この

基準点の見極めるのが私らの仕事。

だから、ネットで体質をみて勝手に自分にあう処方を

探しても、イマイチぴんと響かないのです。

ザックリ言うと

①精神的に興奮している時は…柴胡加竜骨牡蛎湯や瀉火利湿顆粒

②神経質で興奮を抑える力が弱い時は…天王補心丹

③寝るエネルギーが欠けている時は…帰脾湯

④ぽっちゃりで神経質な人は…温胆湯

切り替えスィッチがうまく作動しない時は

食事の積(罪)もあるのでサンザシが入っている

ものを入れることがあります。

ページの上へ