calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

ガンは治る病気になった?とは言え、でもね…

2019年6月5日

ガンの10年生存率は56.3%に上がったそうです。

池江選手の回復が早くて、嬉しいですね。

固形ガンと違い血液のガンには良く効く抗ガン剤があるから大丈夫ですね!

日本人が何らかの「ガン」になる確率は

男性は3人に2人・女性は2人に1人

だから、ガンですと言われて「ガーン!」

と思う事なく、次の手立てを考えておくべきです。

今のガン治療は

切除・抗ガン剤治療・放射線がメイン。

抗ガン剤治療は薬価が高く、赤字の多い田舎の総合病院のドル箱。

意味なくとりあえずの抗ガン剤治療が

ダラダラと続いていることも多く見受けられます。

ガンの予防で抗ガン剤治療?とは絶対にあり得ません。

抗ガン剤は細胞分裂を停止させるだけのお薬。

ガンを殺すお薬ではありません。

本来細胞分裂を起こしてしかるべき臓器…

例えば白血球や赤血球を作る臓器の「骨髄」の働きを止めます。

そうしたら、赤血球は作れない!

ガンを攻撃する白血球が作れない!

抗ガン剤はガンを治すお薬では無いので

抗ガン剤をして下さい!もっともっとして~!とは

お考えにならないようにね!

ガンになったら、メンタルの支えが必要です。

治療法への迷い

セカンドオピニオンはどこが良いのか

お金のこと

医学的知識の無い家族への対処

ただただ泣くだけの母親。

どこの神様が良いか?と、令和の今でも話し合うご家族が多い事。

患者さんの心のエネルギーが低下したら、

闘病エネルギーが欠損します。

色んな事で、元気が奪われてしまいます。

これが一番危険です。

くすりの元気は「ガン」と「心」のカウンセラー。

秘密厳守だから安心してご相談下さい。

迷っていたら、前に進めません!

「ガン相談」の心のフォローが必要な方

遠慮なく、ご予約下さい。

ページの上へ