calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

ボーっと寝ていたら脳はゴミだらけでアルツハイマー発症!

2019年6月3日

アルツハイマーに絶対

なりたくないあなたへ!

脳のゴミ掃除をしましょう。

脳は有害タンパクや老廃物を毎日7g排出しています。

たった7gと思ってはいけませんよ!

毎月 7g☓30日=210g

一年では 7g☓365日=2555g

脳の重量の約2倍のゴミが出ています。

このゴミ…いつ排泄されますか?

深い眠り、脳が寝る「ノンレム睡眠」時にゴミ掃除をします。

「グリンパティックシステム」…

睡眠中の脳内清掃システム♪

ノンレム睡眠時に脳内のグリア細胞が

本来の60%の大きさに縮みます。

すると神経細胞ニューロン同士の隙間が広くなり

脳の掃除をする「脳脊髄液」が流れやすくなります。

脳の神経細胞を支えるクッションのようになっている

グリア細胞がシュッっと縮むのです!ヤバっ!凄いね!これぞまさしく

恐るべし人体の不思議!

寝ていてお掃除するなんて、ラッキー!

ところが今、ノンレム睡眠が無い人が多い!

なぜでしょう?

ノンレム睡眠は睡眠3時間サイクルの殆ど初めの3時間で起こります。

睡眠導入剤や眠剤は脳の回路を強制ブロック!

これはノンレム睡眠ではありません。

停止状態なのでグリア細胞が縮まず、

ゴミ掃除ができません。

眠剤や導入剤は認知症リスクを上げる

と言われている理由をご理解下さい。

寝る前にするスマホ!

これは眼に血流が使われてしまい虚血脳。

虚血だからグリア細胞縮み不充分で、脳脊髄液も流れない…。

眼は脳の23倍も消費するのだから

スマホゲームで寝落ち…なんてもっての外!

ページの上へ