calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

腎精不足だったら子宝に恵まれないゾッ!

2019年1月10日

腎精不足は冬に旬の食材がピッタリコン

「牡蠣」「山芋」そして「豆」

腎は骨を作り、自律神経・免疫・ホルモン

の調整をするゼネラル・エグゼクティブ・プレミアムで

マーベラスなディレクター臓器です。

寿命を決定する臓器です

成長・発育・生殖もこの腎。

腎は精を宿し…と言ったらム?ム?ム?になるので

分かりやすく言うと「精は気の素」

気はエネルギーだから、エネルギーの素と

イメージすると良いかもね。

精がつく・精力的

精はエネルギーの素!

これをプールしているのが腎!

だから、ゼネラル・エグゼクティブ~~~もうイイって?(笑)

豆は〇っ子のお豆ちゃん?じゃなくて

水に戻して食べる豆。

お豆腐よりも繊維質もあり、良く噛んで召し上がる

と掃除パワーも付きます。

牡蠣は海のミルク

亜鉛を筆頭に豊富なミネラルたっぷりです。

そして長芋は山薬と言われています。

オロスの面倒くさ~い?

長芋は煮たり焼いたりすると超絶美味しいヨ~ン。

子宝でもあるし、アンチエイジングな食材ですね。

牡蠣が苦手な人はくすりの元気イチオシ

「渡辺オイスター」がありますヨン。

腎精を養って、元気に冬を乗り切りましょう!

ページの上へ