calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

冬は「腎」…ところで腎って何?

2019年1月7日

東洋医学で「腎」は全てに君臨する?と言ったら

大袈裟ですがゼネラル・ エグゼクティブ・プレミアム

マーベラスなディレクター臓器なのです。

腎臓と言えば一昔前までは単なるろ過装置?

オシッコ出すだけのゴミ処理臓器?

それが、血圧にも関係するもの出してるゾッ!から始まり

今では「寿命を決定する臓器」と位置づけられています。

凄い格上げ!

タモリさんやノーベル賞の山中先生が出ていた

NHKスペシャル「人体」でも腎臓はエライ!

各臓器の声を聴いて、指令を出し、かつ

寿命を決める偉い臓器だと紹介していました。

さすが、東洋医学!ご立派!

「腎」は若さを支配する超重要な臓器です。

しかも免疫にも、ストレス処理系にも深く関与し

耳・骨も「腎」の支配下にあり、腎のパワーが欠けてくる事を

「腎虚」…つまり老化(≧◇≦)

冬はこの腎が損なわれる季節です。

冬によくあらわれる腎虚の場合

①腎陽虚

②腎陰虚

③腎精不足

があります。

明日はこのお話と対処方法をお話ししますね♪

ページの上へ