bubbles2 bubble

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

ご相談 自律神経の相談

自律神経は意識しなくても、例えば寝ていても 心臓を動かす消化する、汗をかく、
呼吸をするなど 生命の維持に欠かせない神経です。

テンションを上げ闘う「お父さんのような交感神経」 と、優しく癒す「お母さんのよう副交感神経」が バランスを取りながら体をコントロールしています。

頭痛・頭重・耳鳴り・耳の閉塞感・クチの乾き 味覚異常・疲れ目・喉の異物感・喉のつかえ・ 動悸・圧迫感・立ちくらみ・のぼせ・冷え・血圧変動 便秘・下痢・手足のしびれ・痛み・多汗・皮膚の かゆみ・慢性的な倦怠感・微熱・ほてり・眠れない・眠りが浅い・不安になる・集中できない・やる気が起きない・記憶や注意力が落ちてくる・すぐ悲しくなるイライラするなど色々な症状があります。

人によっても違い、病院で検査しても異常はなく
抗不安薬や安定剤、睡眠導入剤や抗うつ剤が処方されます。

中医学では心と身体を切り離しては考えません。

「喜・怒・憂・思・悲・恐・驚」の「七情」が
過剰に走り、気の流れを乱すと考えそれを改善していきます。

漢方体験.com
お客様の声
  • 自律神経のご相談 61歳

    数年前から汗が吹き出て、外出もままならず悩んでいました。

    病院に行っても改善せず、漢方店も市内アチコチ行って相談しましたが埒があきません。

    抗不安薬と眠剤、抗ウツ剤を飲んでいましたが飲んだから汗が止るわけではなく、思い切って相談に上がりました。

    話を聞いてもらった後、身体の中に強い冷えの塊があるから水の流れに変調がきています。
    汗をかくことで身体が助けられています。汗を止めようとしたら、流れも止まり、正しい流れにもっていけなくなると言われました。

    これにはびっくりしました。
    止めたい止めたいと思っていた汗が身体を守っていると聞き、 またその理屈もわかりやすく納得ができました。
    お話通り4か月目にはラクになっていました。

    病院薬は飲まなくても寝られますし、気軽に外出できるようになりました。

  • 自律神経のご相談 42歳・女性

    小学生の子供がいじめから不登校になり、母の私もおかしくなっていました。

    心療内科のお薬を飲むとメマイとダルさが出て、これなら漢方薬しかないと思い相談しました。

    子供さんが原因?
    それなら子供さんを元気にしてあげませんかと言われ子供用の漢方を選んでもらいました。

    すると寝られないとグズッていた子が、「ママぽかぽか寝れたぁ~」と言い見る見るうちに元気になり、私は私で色んな事が改善されていきました。

    食事と養生と漢方薬でこんなに良くなるなんで嬉しいです。

  • 自律神経のご相談 59歳・女性

    原因不明の頭痛と肩こり、吐き気で何年も苦しんでいました。

    家事ができない程で心療内科に行きましたがお薬を飲んでも、ダルサが強くなり無気力感が強くなるので、友人の紹介で伺いました。

    病院の漢方は江戸時代の鎖国前に入って来た処方だから、今の人に合うのは効果を出すまでに時間がかかるといわれました。

    元気の漢方は今の人の体質に合った中成薬なので安心です。
    但し4ヶ月続けてくださいね。ともいわれました。

    日常の養生にはこと細やかな指示があり安心して始めることができました。

    本当に4ヶ月で改善されたのには驚きました。

ページの上へ