calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

2016年09月アーカイブ

元気な赤ちゃんを授かる秘訣

2016年9月26日

赤ちゃんは出来さえすれば良い?

とは誰も思ってはいないでしょう?

やはり、元気で丈夫な赤ちゃんが欲しいのは当たり前。

 

その為にはしっかりとした血を

赤ちゃんに渡せる身体にしましょう。

 

胎盤を通し毎分600ミリの血が赤ちゃんに吹き付けます。

これってどの程度の量か分からないでしょうか?

 

私たち成人の臓器で、血を一番欲する臓器は?

脳です。この量は毎分750ミリ。

750ミリは必ず脳に行ってます。

 

あ、赤ちゃんに600ミリ必要。

そして、さらにお母さんに750ミリ必要。

だから、妊娠すると酸欠状態。

だるくて眠たくなるの分かるよね。

 

そしてね、スィーツ大好き!コンビニ食多いの!ピザ大好き!

マックも良く食べるの!パン大好き!と言う方の血は瘀血……

ドロドロ血になっています。

 

ドロドロ血?ってことだから、赤ちゃんに向かって酸素たっぷりな

真っ赤な血ではなく、ドロ血を吹き付けているってこと。

安定期に入ったのに、流産するパターンです。

 

ドロ血だと、胎盤が早く朽ちてしまいます。

 

体外・顕微を何度繰り返しても、着床しない…

だったら、着床させるだけの血があるかどうかを

くすりの元気で調べてみない?

 

中医学では、血流量が不足する体質

のことを血虚と言います。

血虚体質は病院では調べてられません。

西洋医学では、血の濃い薄いの貧血は考えても量的に充分あるか

無いかを調べるモノサシはありません。

 

でき得る限り「元気な赤ちゃん」を望むなら、血の改善をお考え下さい。

 

有名な自然療法士ウィリアムエッサーの言葉

「母親が犯す妊娠中の誤った

食習慣のツケは後になって

たいてい子供が支払うことになる」

重くて、キツイ言葉です。

 

有名じゃないけど石田悦子の言葉

「今排卵する卵子は6カ月前から準備されています。

質の良い卵子にしたいのなら6カ月前から!」

「今、あなたが我慢し変えたものが

あなたの子の財産になる!」

 

秋は気が失せる時期。ウツっぽい?なら漢方相談に来てね!

2016年9月21日

中医学でストレスを感じると七情のバランスが乱れると考えます。

七情のバランスが乱れると、それぞれの臓器がダメージを受けます。

「怒」は気があがり肝系を侵し、血をのぼさせます。

「喜」は気が緩み心系を侵し、集中を散じます。

「思」は気を結び胃腸系を侵し、やる気を低下させ食欲も狂わせます。

「悲・憂」は気が消え、呼吸器系を侵し意気消沈させます。

「驚・恐」は気が乱れ下がり、腎系の免疫やホルモンを落とします。

 

秋に乱れる七情は「悲・憂」

過呼吸・息切れ・肺系が落ちるので酸素が脳に届かない

すると、脳細胞中のミトコンドリアに活性酸素が発生します。

すると、細胞が死にます。

 

脳は、神経細胞のカタマリ。この神経細胞が情報を

キャッチボールのように、投げては受け取ることを瞬時にしています。

血管みたいに、長い線が引かれている訳ではないんだね。

 

セロトニン濃度を上げるSSRI薬(パキシル・ルボックス・デプロメール等)

は、このキャッチボールが上手くいかないときに使うお薬です。

相手がセロトニンをキャッチできないから、セロトニン濃度を

あげましょうって訳ですが、受け取る相手がセロトニンをキャッチ

ができるミット(レセプター)がない訳なので、セロトニン濃度が

高くなり過ぎ、吐き気指令が出ます。

吐き気がする?それならという訳で他にもお薬が増え、

抗うつ剤のオンパレードが始まります。

 

抗うつ剤で、うつが改善される訳などなく、オンパレードの連鎖で

皆さま苦しみます。

なぜ、ず~っと飲み続けるのでしょう?

治ったなら投薬の必要は無いはずです。

 

「目が悪いなら、メガネが必要。」

抗うつ剤は心のメガネなんだね、と言われた方もいます。

これおかしいですね。

目が治ってない?って事は心が治ってない?事です。

薬の中毒患者を作っては

一生飲み続けろと言われるのはいかがなものでしょう?

 

中医学漢方は「気」を学問として取られて、4,000年。

だから「気」のトラブル改善に西洋医学とは違う考え方で臨んでいます。

抗うつ剤との切り離しのお手伝いも得意です。

 

病気って気が病んでること?

「日本五大疾病」で一番患者数が多いのが「精神疾患」

秋はこれが増えます。どうして?

血流が低下し、脳に酸素が届かず、脳細胞に活性酸素が発生するから。

まず、不眠。

寝られなくなります。

 

くすりの元気は、「向精神薬漬けになりたく無い方」の相談所です。

「妊娠したいから、向精神薬を外したい方」のご相談も承ります。

マンモ検診は乳癌リスクを上げるぞっ???

2016年9月20日

マンモグラフィ(以下略マンモ)の放射線量は胸部レントゲンの1000倍!ってご存知でしたか?

閉経前の女性(40代~50代前半)の女性は特に放射線感受性が高く

毎年十年間、まじめに受け続けていたら各乳房に10ラドの放射線

が蓄積します。10ラドの被爆は乳癌リスクを10%上げます。

 

さらりと書きましたが…

乳癌検診マンモを10年受け続けてていたら、

発癌リスクが10%も高くなります!

 

さらに、怖ろしい事第二弾!

マンモで見つかる腫瘍は、ガンでは無いことが

多い。

「偽陽性」って訳なんだけど、本当は乳癌では無いのに下手な病院だったら

切除されてしまうことありますよぉ~なのです。

これは乳癌先進国スウェーデン女性の6万人「偽陽性」対象者への

追跡可能で、マンモ検診で見つかった腫瘍の70%が癌では無かった!

と発表されています。…怖ろしい話でしょう?

今現在、アメリカはマンモ検診の推奨を止めており、スイスではマンモ検診

自体の廃止勧告をしました。マンモと癌発見関係無い、つまり見つかるけど

そうじゃない事70%もあるから意味ない(発癌リスクの方が心配)

 

さらに、怖ろしい事第三弾!

マンモは乳癌を白いカタマリとして写り出します。

しかし、乳腺もまた白いカタマリで写ります。

欧米人はおっぱいデカイ!日本人に比べて乳腺密度が少ない。

しかも乳癌罹患年齢が60~70歳…デカくて垂れて延びたスルメ?

だから乳腺密度が低く、見つけやすく誤認は少ない。

ところが、日本人の罹患年齢は40代。

乳腺密度が高い年齢です。…元々、おっぱいが小さいから押されてつぶれたら乳腺密度が高くなって当たり前。

 

散々被爆して、生検(細胞の検査)しマイナスであってもマンモ検診が、乳癌リスクを上げる行為だと、ご理解頂けたでしょうか?

 

18・19日は日本でもトップクラスの勉強している薬局薬店の集まりがありました。勿論、その末席ですがくすりの元気・石田悦子も出席しました。

 

当然、医療関係者の表面に出せない話続出。

 

医療過誤・厚労省役人から聞いた裏話。

その中でも、余りブラックでは無いほうの話を上げました。

 

子宮頸がんワクチンを接種する方はいないと思っていたら

今日いらした方は夏休みだからお嬢さまに受けさせた。

あんなに報道されていたのに…。

 

おめでとうございます、産まれたのね…。

ところが、尿蛋白値が高く妊娠性高血圧症。

未熟児でも無いのに生れたばかりの新生児の脳にMRI照射。

別に異常があった訳では無いのに、しかも動くから

3回繰り返したと伺い卒倒しそうになりました。

脳腫瘍リスクを高めてどうするのだろう…。

 

その方、おばあちゃんだからHP見ないので書いたけど

どうするのかしら、気になります。

 

話、戻します!

「乳癌リスクを減らしたかったら」のご相談を受け付けます。食事指導もさせていただきます。

癌は発見されるまで15年~20年かかるって知ってた?

2016年9月14日

癌は乳癌や胃癌のような固形癌と、悪性リンパ腫のような非固形癌

に分かれます。

 

固形癌は目視で発見される迄、短くても10年。

通常、15年~20年の間じっくりと成長しています。

 

もともと、細胞分裂する際に起こるコピーミスで異種細胞、

癌の子供が毎日毎日5,000個生れています。

 

びっくりでしょう?

でも、元気な白血球がこの異種細胞を見つけてパックンチョ

しているから、癌細胞だらけにはなりません。

 

異種細胞があると、岡っ引のような白血球やマツコデラックス

のようなノロノロ歩いて、とにかくパックンしてみて相手の情報

を汲み上げるものもあれば、T細胞と言う司令みたいな細胞も

あります。

 

このシステムが、うまくいけば癌を退治できますが

貧血・血虚&瘀血・低体温では白血球軍団が活躍できません。

 

免疫を上げる方法が知りたい方、ご予約下さい。

風邪ひかない歴25年の石田がアドバイスいたします。

赤ちゃん、まだ?

2016年9月14日

何気なく聞かれても、傷つくフレーズです。

昔は赤ちゃんできて当たり前。

今は赤ちゃんできないのが当たり前になっています。

昭和は排卵時に妊娠する確率が25%。

だから、4回したらできるでしょう?って訳なので「えっ、まだなの?」

と聞く方には悪気などありません。

今は排卵時に妊娠する確率が8%に下がりました。

オヤオヤ、どうしてでしょう?

ほとんどが、血虚で瘀血。

卵巣、子宮に充分な酸素たっぷりな血が届いていない。

精巣に酸素たっぷりな血が届いていない。

質の良い卵子と精子では無いのに、しかも排卵時を狙ってしか

仲良くしない!これじゃできる訳がナイ!

できないからホルモン治療に走る。

分からないでもないが、身体が整っていないのにホルモン大量注入して

妊娠しても、流産率が上がるのみ。

流産を2回すると、不育症のレッテルが貼られ益々

落ち込み、より高度な治療を望み結果を得られず落ち込みます。

血が充分整っているか、測定してみない?

今、くすりの元気にコウノトリさんが大量飛来しています。

おめでとうの結果がたくさん出ています。

測定して、何が不足しているか?をアドバイスします。

この測定とアドバイスは無料ですよ。

カウンセリングを受けると、妊娠する確率が上がるって知っていますか?

蔦谷書店でも開催します。

でも、個別に伺いたいご希望があったらご連絡下さい。

コウノトリさんの飛来が9月ですが、昨年を越えました。

やっと秋?な函館ですね。

2016年9月12日

朝夕、寒くなってきましたね。

そろそろ、さすがに身体も夏モードから秋冬モードに切り替えましょう!

秋冬モード

① 気温下がる…冷たい飲み物控えて、湯気の上がるものを

生野菜は温野菜やスープ・具だくさんのお味噌汁に

潤い・補陰効果のあ果物…梨・葡萄・枇杷・桃がイイネ!

胃・腸の酵素は40度以上ないと動かないから、胃腸を温める!

② 空気が乾燥してきます。燥邪に襲われないようにね!

秋は、五臓なら「肺」…燥邪で粘膜が乾き咳が出やすい

肺に潤いを与えるシロップ「潤肺糖漿」の用意を

六腑なら「大腸」…大腸は便から水を汲み取ります。

だから水分が不足すると、便秘になります。

お腹を温める「婦宝当帰膠」

補陰の食材の長芋・自然薯

レンコン・ゆり根・サンマ・牡蠣などお勧め。

 鼻・皮毛(肌のこと)…アレルギーが起こりやすくなります。

アレルギー抗体を減らすデトックス食品の

リナグリーンプレミアムは必須です。

ひどくなる前の今からが大事です。

 悲しい感情…ウツっぽくなります。

冬に向けて自律神経が入れ替わります。

代謝を落として、守りに入ります。

血流量を低下させたら、脳に不安物質

ウツホルモン(コルチゾール)が溜まります。

物悲しくなったり、人と話すのが億劫になるなら

血流量を上げる漢方を初めて下さい。

これは、ガッツリウツの予防にもなります。

稔りの秋・豊穣の秋を楽しんで欲しいです。

紅葉も楽しんで頂きたいです。

でも、必ず一枚羽織るものは忘れずに!

冷えとお友達になったら、これからくる冬を乗り切る免疫ができません。

冷えとお友達になったら、寒いのに頭や手足がノボセて苦しみますよ。

風邪引かない歴、25年の石田悦子からのアドバイスでした。

お掃除戦隊スカベンジャー!敵は活性酸素!

2016年9月10日

ストレスで発生する活性酸素!

活性酸素は細胞の火事!

脳内に発生したら、ウツ。組織内に発生したら、癌。

細胞が丸焼けする訳だから、一大事!

 

これを消火してくれるのが

お掃除戦隊「スカベンジャー」

アリガタイね、スカベンジャー!

 

でも「スカベンジャー」は食べ物で摂るしかないって

知っていましたか?だから、不安があります。

こんな農薬まみれの、添加物いっぱいの食べ物から摂れるのかしら?

 

例えば

βカロテン…人参・ピーマンなど緑黄色のチカラが減っている。

ビタミンE…新鮮なEが酸化され、大量に摂ると活性酸素を発生させる。

ビタミンC…果物の糖度が増し、ビタミンC量が減っている。

カテキン…緑茶に多いけれど、農薬も多い。

ゴマ…ゴマの自給率は0.1%。ほぼ海外からの輸入。

リコピン…トマトも昔のような香が無くなって色も薄く感じる。

ポリフェノール…大豆?今、遺伝子組み換え大豆がほどんど。

 

ビタミン・フラボノイドがパワーダウンした今、いったい、どうしたら良いの?

 

活性酸素を消す、抗酸化酵素をつくる物を摂れば良いのです。

●SOD酵素

●カタラーゼ酵素

●グルタチオンペルオキシダーゼ

を作ろう!すると、活性酸素が消える訳!

 

この3種すべてに関与する、オールマイティな食材は「牡蠣」

牡蠣はスカベンジャーの「王様」

キング オブ スカベンジャー は 牡蠣 です。

牡蠣は1日に200リットルの水を浄化します。

牡蠣の殻が汚水浄化に役立つのはご存知ですね。

でも、牡蠣はお掃除した分、カドミウムや水銀を体内に抱えてしまいます。

困ったね。

 

だから、くすりの元気は妊婦さんにも授乳中のお母さんにも安心して続けられる

渡辺オイスター研究所の牡蠣エキスを勧めています。

 

心と身体の健康は活性酸素をいかには消すか!…なんだね。

スカベンジャーのキング?いや、神だね。

 

渡辺オイスター研究所は

北海道大学とは新規抗酸化物質について

筑波大学とは新規抗酸化物質の脳と睡眠に対する研究

東北大学とは牡蠣の生態と生理作用の研究

静岡県立大学とは亜鉛不足とウツ状態との関連性の研究

創価大学とは環境問題など地球規模課題の解決の研究

さらに北京大学とはヒトに対する臨床研究

その研究内容は世界的学会誌に記載され高い評価を得ています。

万病のもと「活性酸素」が発生しやすくなっている原因は?

2016年9月3日

卵巣の老化・精巣の老化…不妊の根本的な原因にもなる活性酸素。

ガンや自己免疫疾患の原因にもなる活性酸素。

その原因はストレス?確かにそれもあるけれど、まず第一位がこれ!

☆食生活の悪化☆

①塩・白砂糖の取り過ぎ…血液の粘性を上げる

油脂の摂りすぎ…動物性脂肪やサラダ油は過酸化脂質(酸化された油)をつくる

③食物繊維の不足…腸のお掃除ができなくなり、腸内環境を悪化

④食品添加物…コンビニ弁当や外食・また素材自体の添加物は一人当たり年間10キロ

酒・タバコの摂りすぎ…内臓に負担をかけ、活性酸素をより発生しやすくする

水道水…高濃度の塩素

⑦野菜のミネラル減少…促成栽培・過剰農薬により野菜力が無い!!!

①~⑥に気をつけていても、肝心な抗酸化酵素(活性酸素を除去する酵素)が作られない!

そんな怖ろしい環境下に私たちはいます。

私たちの身体は活性酸素が発生しても、抗酸化酵素が除去するような仕組みになっています。

ところが、今、抗酸化酵素が作れない…(ノД`)・゜・。作ることができない…。

豊富なミネラル群を含んだ野菜が無くなったから…。

活性酸素を除去する抗酸化酵素SOD・カタラーゼ・ペルオキシダーゼは

亜鉛・セレン・銅・マンガン・鉄などの必須ミネラル群で動きます。

これが野菜からは摂れなくなっています。

 

では何を食べたら良いですか?…残念ながら今の食べ物にはその力が欠けています。

 

☆くすりの元気はエビデンスが整っている渡辺オイスター!

そして、GRASマークのリナグリーンプレミアムをお勧めしています。

妊婦さんには元気な赤ちゃんの為に必ず飲んでいただいています。

妊活中の皆さまには、精巣・卵巣の酸化を防ぐために飲んでいただいています。

なぜなら、安全・安心だから!

 

今はサプリメントだらけ。安価なものはメイン成分よりも添加物が多かったり

例え有名メーカーであっても成分の分析表示があいまいな物ばかりです。

テレビで宣伝していても、虚偽のデータを出していることも多く、絶対に

飲むな!と言いたくなる健康サプリばかりです。

 

私は、自分たちが飲んで安心な物を選べる目があります。

お母さま・お腹の中にいる赤ちゃんの為の酸化ストレスを取って差し上げられます。

実際に、抗酸化サプリを飲んでいただくと流産率が低下します。

妊娠着床率が上がると言うことは、受精卵の質が良くなった!

内膜環境が良くなった!証拠ですね。

抗酸化力が上がるものを身体に入れると、抗うつ剤との切り離しが

スムースにいきます!

抗ガン剤治療の副作用が軽減します!

「妊娠・ガン・ウツ(自律神経)」この3種に関し、くすりの元気が評価されて

いるのは抗酸化力に優れているものをお勧めしているからだと思っています。

 

それでは、すてきな日曜日をお過ごし下さい。

9月4日は櫛の日です。ブラッシングして、頭皮の血行を良くすると

毛にツヤが出ます。頭皮のストレスも取れますね。

 

次回は身体のお掃除屋さん「スカベンジャー」のお話をします。

活性酸素は細胞の火事!活性酸素が関与する病気

2016年9月2日

このイラストは細胞内のミトコンドリア。エネルギーを作るところです。

活性酸素が発生すると、細胞のミトコンドリアが焼け死にます。

細胞死…60兆個あるから大丈夫?とんでもない!類焼して臓器の組織も死んでいきます。

【循環器系】

心筋梗塞・狭心症・動脈硬化・脳梗塞・脳出血・高血圧など

【呼吸器系】

慢性肺気腫・肺線維症・喘息・肺炎など

【消化器系】

胃潰瘍・潰瘍性大腸炎・クローン病・虚血性腸炎・肝炎・肝硬変など

【脳神経系】

パーキンソン病・てんかん発作・不眠症・ウツ・統合失調症・双極性障害など

【血液系】

エイズ・血小板異常・白血病など

【皮膚科】

火傷・凍症・アトピー性皮膚炎・ケロイド・紫外線障害・白斑・乾癬など

【内分泌系】

糖尿病・甲状腺障害など

【泌尿器系】

ネフローゼ症候群・各種腎炎など

【膠原病】

慢性関節リウマチ・自己免疫疾患など

【眼科】

白内障・角膜腫瘍・未熟児網膜症など

【悪性腫瘍】

各種ガン・腫瘍など

【その他】

不妊(卵巣老化・精巣老化)・免疫低下・老化など

実際にはもっとあり、病気の原因のすべてに関与していると言えます。

 

活性酸素は体内で作られる抗酸化酵素によって減らせますが

今の、食材・食生活では抗酸化酵素が作れない状態が起きています。

明日はそのお話をします。

 

 

 

函館の台風被害は報道されませんが、お客さまのネギ農家さん・お花農家さんの

被害が甚大でした。心からお見舞い申し上げます。お手伝いできることがあったら

遠慮なくお申し付け下さい。

 

ページの上へ