calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

癌のご相談…⑤ 癌と分かったらこう考えよう!

2018年6月6日

病院で癌と言われました。

ほとんどの方が癌と宣告されましたと言いますが

今は二人に一人が癌と言われているのだから、

宣告とドラマチックにとらえないで欲しいのです。

二人に一人だから、半ば当たり前っちゃー当たり前。

早々、分かって良かったと思って頂きたいのです。

見つかって良かった!

早めに手を打てるのだから、助かった!と思いましょう!

癌と闘うには、気持ちのあり方次第で結果が

大幅に違ってきます。

どうして私が…このどうしてに引っかかっていたら次に進みません。

癌はなったと考えてはいけません。

毎日5,000個の癌細胞が生れています。

イワユル、コピーミスです。

それが数十年かかって癌の組織になっていきます。

見つかって幸い、今見つからなかったら大事になった!

きっとこれはご先祖さまのお導き!

そんな風に考えて頂きたいのです。

どうして私が…のマイナス思考で臨む治療と

見つかって幸いした…のプラス思考で臨む治療は結果が違いますよ。

 

ページの上へ