calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

キツイ生理痛でお悩みなら…② 冷え(寒邪)が原因

2018年5月18日

食事や服装などが不適当であったり、会社の過度のエアコンや

通勤・通学時の冷えで、起こる婦人科の冷え。

この冷えが身体の中で寒邪(寒さが体をいじめる邪気)となり

子宮や冷えて、充分な血が届かず生理痛の原因になります。

経血を剥がし外に出そうとするために子宮が収縮します。

でも、子宮の筋肉が固いから経血を吐き出そうにも出せない訳です。

内膜症の原因も主にこれです。

出そうとした経血が下からの出せず、卵管を通り卵管采から腹部に

まき散らされます。この経血が卵管などにくっついてしまい

卵管が狭窄したり、卵管采が卵をキャッチするのを邪魔します。

内膜症が不妊の原因になる方の多くがキツイ生理痛の持ち主です。

痛み止めで済まそうと思わず、冷えからくる生理痛の改善は大事ですね。

食養生は生姜やネギがお勧めです。だから鍋料理はお勧めです!

また、シナモンティーも良いです。

私たちの身体の発熱回路を元気に廻すミネラル群が豊富な食事に心がけましょう。

不明なら、ご相談下さい。

漢方養生

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)が一番手。

当帰が70%も入っている甘くて美味しいシロップです。

600ミリで税込10,486円。(1ケ月~2ケ月)

双料参茸丸や参茸補血丸(さんじょうほけつがん)

税込12,960円(2ケ月)も人気があります。

冷えの改善は動物生薬が入った中医薬は、植物生薬に比べると

手ごたえは早いですね。

 

 

 

ページの上へ