calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

癌のご相談…④ 説明してくれるドクターを探そう!

2018年5月16日

これ本当に重要です。

例えば、乳癌が見つかりました。

ある病院は

①場所・大きさ・リンパ節転移の有無

②組織型

③ホルモン治療に有効な癌かどうか

④HER2

⑤核異型

など、検査結果を伝え今後の治療方針を決めていきます。

別の病院は

場所・大きさ・リンパ節転移の有無の結果グレード程度のみ。

さすがに説明しない訳は無いと思ったので、

頂いた紙を見せてもらうが、確かに書かれていない…。

さらに、抗ガン剤治療が始まっても、白血球の分画が出ていない。

白血球総数だけでは意味が分からないのでは?

臨床検査では基礎レベル。

(白血球の分画とは白血球の種類や比率のことです。)

治療の投与量も違い、いつまでするのかの説明が一切ないらしい。

これは、数人に聞いたが皆さま同じなので間違い無いみたい。

聞いてみたら?とお願いすると、小さくなるまでと言われるようです。

患者さまの不安を解消する説明をしない病院があるのは

理解できません。

1度通院してしまったら、言葉は悪いですが

足抜けできないと思わずに、メンタルストレスを減らす事も

優先順位に入れませんか?

治療法は同じ、薬は同じ…でも投与量や回数が違っています。

抗ガン剤や放射線治療は過度に使うと弊害もあります。

その見極めをして下さるドクターをお勧め致します。

ページの上へ