calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

妊娠力を上げよう!…⑨

2018年3月14日

卵子の質が良ければ、49才であろうと

20代とほぼ同じ50%の確率で出産できる!

妊娠では無く、出産です!

米国の疾病予防センターCDCのデータです。

不妊大国アメリカでは第三者の卵を使えるので

問題は卵の質だ!が分かりました。

勿論、他人の卵子を使うことは日本では許可されていません。

内膜を肥厚させるデュファストンを使っても

排卵誘発剤を使っても、卵の質が上がらなければ

次に進む確率はあがりません。

問題はいかに卵の質を上げるか?

ここに決定権があります。

先日テレビで男性不妊を取り上げたようで

男性不妊に関心が集まっています。

男性不妊の原因の一つ「精子の老化」

数は基準値内か少なめ、奇形率が多い。

真っ直ぐ泳ぐ精子が少ない。

こんな相談が20代で非常に

多くなっています。

男性の精子は74日ほどで形成され、精巣を出た途端に

抗酸化ストレスを受け、損傷します。

精子は私たちの身体のなかでも一番活性酸素に

弱い宿命を持っています。

ネットで買った抗酸化サプリ飲んでいますって?

でも、増えないでしょう?

真っ直ぐ泳ぐ精子の数は上がらないでしょう?

抗酸化は日常の食事や生活習慣を変えることが基本。

さらに、抗酸化作用のあるもので細胞の中の

ミトコンドリアに入るものは極めてマレ!

くすりの元気で勧めている漢方や自然薬は

数は一桁二桁上がり、奇形率も減ります。

もちろん、ネット商品と違って高価です。

でも、効果が出ないものを何年も飲むことを

考えたらパーンと効果が出せるものを飲む!

しかも、日常のアドバイスもあるならと

喜ばれています。

今、20代の男性不妊のご相談が多くなっています。

どなたも、偏った食事を当たり前と思っています。

身体の為になるものを入れてあげる手段すら

教えてくれるところが無くなっているのでしょうね。

私が給食の指導で小学校に行っていたとき

全員が普通のものを食べていると言っていました。

インスタントラーメンやコンビニのパンでも

普通と思っている方が多いのです。

次世代に繋ぐ遺伝子が作られませんよ。

男性不妊は短期間の改善が可能です。

ご相談お待ちしております。

 

ページの上へ