calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

スマホ老眼やパソコン眼疲労には漢方薬の飲む目薬がお勧め!

2017年9月22日

目や目のまわりの筋肉が疲れます。

すると、ここに栄養を運ぶ「肝血」と「腎陰」を消耗します。

「肝血」とは「肝」は血液をたくさん持っています。

従い、その血の事です。

目は脳の23倍もの血流量を必要としているから

目を疲れさせことをしたら「肝血」が消耗されます。

「腎陰」とは「腎」は成長・発育・生殖・免疫・ホルモン

をなど若さを司るとても重要な五臓の一つ。

腎の働きが落ちてくる事を腎虚=老化と考えてます。

「腎」は潤い(陰)をコントロールするので「腎陰」

この「腎陰」が消耗され不足すると、潤いが不足し

ノボセ・ホテリなどの虚熱の症状が出ます。

さらに「気」の流れが滞り、肩コリ・頭痛・イライラの

原因にもなります。

目の血流のケアをし、補陰するイスクラ杞菊地黄丸が超得意!

イスクラ杞菊地黄丸は練った大きな丸薬

中薬杞菊地黄丸は小さな飲みやすい丸薬

イスクラ双料杞菊顆粒は名前の通り顆粒

目には即効があり、4才以上から服用できるので

小さいお子さまのゲーム疲労の視力低下にもお勧めです。

サプリで効果が期待できるかな?

薬は効果が無ければ、

薬として認可されません。

ページの上へ