calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

凍結卵の妊娠率が高いのはなぜですか?のご質問に答えて

2017年9月2日

皆さま、凍結すると卵がパワーアップする

イメージがあるようです。

-196℃の液体窒素で厳重管理されて

いるから卵が最強になる?と思っている方も

少なくありません。

正解は、凍結している間に子宮内膜の

コンディションが回復しているので

確率が上がる。つまり子宮内膜の休息

時間が着床へといざなう訳です。

従い、通常は

凍結卵>新鮮卵になります。

ところが、43才以上は逆で

新鮮卵>凍結卵

これは、卵の劣化が著しく進む年齢入ると

卵自体が凍結に耐えられなくなるから。

若い方は、顕微>体外

43才以上では

体外(凍結していないもの)>顕微

の確率になります。

卵子の劣化は最先端の病院治療でも

食い止められません。

漢方と食事の改善で劣化を

食い止めませんか?

さらに、着床の窓が開く

内膜を作りませんか?

確率を上げる方法を

アドバイス致します。

 

ページの上へ