calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

「なぜ着床しないんだろう?」を考えてみない?

2017年8月10日

不妊治療大国日本

生殖医療を行う医療機関は道内で30カ所

全国では661ヶ所。

これは人口が2倍以上あるアメリカを上回っている為

日本は「世界一の不妊治療大国」と言われています。

NHKが実施したアンケートで

40才以上で妊娠できる

と思っている人は72%。

だから35才過ぎて妊活を開始する人が多いし

とても開始したばかりは楽観的。

いずれ妊娠する!と、思っています。

ではダラダラと時が過ぎ39才で妊娠できたとすると

40才での出産率は「7.7%」

なんと13人に1人!

トランプでハートの1から13まで並べ1を引く?

とイメージすると分かりやすいでしょうか。

1回で引く人もいれば何十回引いてもエースが出ない人もいます。

精子のチカラが無くて、顕微に進む方いらっしゃいます。

函館ではなく、札幌や仙台に行きます。

だから交通費もふくめ1回に60万近い金額になります。

くすりの元気は1回で成功できるような

着床力ある母体造りを指導しています。

なぜ着床しないのだろう?

グレードの良い卵だったけれど…どうして?

ホルモン剤で内膜を肥厚しても、そこにドンドン

流れ込む血の量が不足していたらどうでしょう?

私たちの脳には絶えず毎分750mlが必要量として流れ込みます。

それに加えて600mlが胎盤に流れ込む訳です。

ちょいと多めにご飯食べたら眠くなる人いませんか?

だから小食。よって小腹が空いたらお菓子を食べる。

そんな方の血…大丈夫かしら?

赤ちゃんを育む血が届けられるかしら?

そこに気がついて欲しいです。

健康な血がたくさん流れ込んで、

健康な赤ちゃんができる!

ここに気づかない人がたくさんいます。

赤ちゃんはできさえすれば良いものでは無い!

健康な血をたくさん注いで健康財産をたくさん持った

赤ちゃんに!と思っていただきたいのです。

ページの上へ