calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

癌はストレスや汚染物質だけが原因ではありません!

2017年6月2日

一番古い癌、いつの時代に見つかったと思いますか?

「石炭など使われるようになった産業革命!」

いいえ、もっともっと前です。

「それなら…アフリカから出て戦う日々の人類の始まりの頃!」

いいえ、いいえ、もっと前。

「猿?の時!」

いいえ、もっと古い化石で見つかっています。

「恐竜」の化石に癌がありました。

細胞分裂のコピーミスなんですね。

人間の体はおよそ60兆個の細胞でできています。

毎日毎日、細胞分裂しています。

すると、5,000個のコピーミスで癌細胞ができているそうです。

「癌は細胞分裂のコピーミスで生れる」

どう考えても恐竜はストレスを感じるほど脳は発達していなかったし

化学物質などなかったし…。

だったらコピーミスするのを少しでも

くい止めること考えて欲しいな。

細胞分裂は鋳型をコピーしてパッカーン。

鋳型が間違ったものをつくる。

だったら鋳型をつくるメカニズムでミスを出さないぞっ!

と考えるのは間違いではないですね。

鋳型はDNAポリメラーゼ酵素が関与します。

このDNAポリメラーゼ酵素が正しく動く仕組みをお話できます。

ガン検診は予防ではありません。

予防は個々が正しい知識を持って初めてできること。

コピーミスを減らす方法を知りたくありませんか?

ページの上へ