calendar circle-right circle-left

函館の漢方専門相談店【くすりの元気】ホーム

漢方つれづれ草

MCS(化学物質過敏症)にならないために

2017年5月31日

北海道新聞5月31日健康に掲載されていた

化学物質過敏症専門医のお話では「発症の仕組みが解明されてはいない。」

ところが、自然薬(合成薬ではない自然の物で厚労省が医薬品としては

認定していないが、お薬のように体のケアをする働きがあるもの)を

勉強している方、マクロビオティックの方は、原因はこれだと知っています。

4月のゆうメールの「元気なお便り」にも書きました。

「リーキーガット症候群」

これは30年以上も前から言われており、アトピーや自閉症にも影響するから

気を付けようねと、皆さまにお伝えしていました。

栄養を組み上げる小腸には一面びっしりと絨毯の毛のようなものが生えています。

その名の通り「絨毛」と言います。

その絨毛の1本1本にまたまた、びっしりと「微絨毛」が生えています。

微絨毛はそのセンサーに合うアミノ酸やミネラル群を組み上げ

不要なもの、有害なものの侵入を阻止しています。

この絨毛・微絨毛を剥がすものがあります。

脱毛ワックスみたいにビリビリっと!

イテテ(≧◇≦)とは感じないけれど、毛が剥がれたので不要なもの

有害物質が、いきなり血中に入ってきます。

異物に反応した白血球軍団が敵とみなし攻撃します。

この脱毛ワックスに当たるものが「パンのグルテン」

さらに、不要なアレルギーの抗体となるのが「乳製品」

今のお食事の常識は作られたもの。

体質にあったお食事は人それぞれ違います。

食の間違いを詳しくご指導させていただいております。

絨毛・微絨毛の修復をして差し上げましょう!

ページの上へ